写真

知ってた

クラゲ
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

人の家にお招きいただいて最初に思ったこと。
やっぱりうちは片付いてねえなって。

自覚はあったんだけどね。


ここにいる

クラゲ
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

ちょっと目立たないかも知れませんが。


底なし

クラゲ
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

クラゲ
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

フルサイズのカメラを入手してからというもの、やはりメインの機種はそちらに移り気味。
購入当初は急ぎボディを用意した経緯もあって、
フルサイズ用の広角レンズが手元になかったり。

普段の動物園ならそんなに出番も無いものの、
やはり欲しいなと思うときはちらほらあり。

だからと言って気になるレンズはいいお値段だし。
本当に沼だな。


きっかけ

クラゲ
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

クラゲ
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

ちょうど今の家に越してきてまるっと一年くらい。
切欠は空き巣に入られたみたいなネガティブな話だったけど、
前の家より立地が良かったりはあるのでまあいいかと。

今度引っ越す機会があるならそれは前向きに行きたい。


アザラシ
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

アザラシ
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

刃物の取り扱いがだいぶ苦手で、
未だにリンゴの皮剥きもろくにできません。


からう

イルカ
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

これまで写真を撮りに行くときは大きめのトートバッグに色々詰めてくスタイルだったのだけど、
レンズを新調する度、どんどん重くなって、肩がつらくなっていくものだからリュックを導入。
試しに機材を詰めて背負ってみましたが、リュックの方が断然楽ですね。

ところで、九州の方言ではリュックやランドセルなどを背負うことを「からう」と言います。
上京したての頃、これが方言だと知らず、周囲に通じなくて何か恥ずかしかった記憶が。


感謝へ続く

ペンギン
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

ペンギン
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

家の近所に、最近閉店した定食屋さんがあって。
いつか気が向いたら、ふらりと立ち寄ってみようと思っていたのけど、
それは叶わないということに。

店先に貼り出してあった閉店する旨を記載した張り紙に、「50年間ありがとう」書かれた付箋が添えられていて。
このありがとうを築くっていうのが、どれだけ素晴らしいか。
50年って、今の自分には知ることのできない重みだから本当にすごいなと。


帰郷する

ペンギン
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

今年は年末、大変忙しい感じになりそうだけど、
予定が出来たので何としても実家に帰ろうと思っています。


危機的

魚
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

今週末までに提出しなければならない書類を
ほぼ全項目でリテイク食らってしまい、
寝る間も惜しんで書類作成。

こんな時に仕事も忙しいというのだからもう。


家はまだか

クラゲ
EOS 7D MarkII / 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

帰り道で急な腹痛がやってきたりすると、
駅から家まで結構距離あるのを呪いたくなります。